遅ればせながら、アラフィフにしてお金の勉強を始めます

おかねのこと

皆さん、お金持ちになりたいですか?
はい、わたしはなりたいです。

いや、でもお金の話って、なんだかタブー。
よその家のお金事情なんて、そうそう聞けないわー。

わが家はオットが頑張って働いてくれているおかげで、カアサンは必死に働く必要はいまのところありません。

それでも、不安要素はあげればわんさかあるわけで。

晩婚、晩産、アラフィフ夫婦。この先の不安要素

わたしたちはいわゆる晩婚で、わたし38歳、オット40歳で入籍。
その後すぐに子を授かり、39歳で出産した息子はすくすく育ち、8歳に。
遅ればせながら子育てに参加し、笑顔爆笑時々怒号ながら、おかげさまで毎日を楽しく生きています。

親になってまだ8年生だから、これからいくつも試練を迎えるのでしょう。
しかし、わたしたちはすでにアラフィフ。

子が独立するとき、オットはすでに還暦

息子がハタチになる頃には、わたしたち何歳よ?
オット60歳のジャス還、わたしもアラ還~!
息子が大学進学したなら、順調に卒業したという前提でも、オット62歳だわ。

しかも、転勤族

いまだ、賃貸暮らしです。まわりはたいてい、持ち家。

家がほしい!と熱望しているわけでもないが、やっぱりいずれどこかに腰を据えるんやないの?とうっすら思うわけで。

わたしたちはこの先マイホームを持つのか?持てるのか?
それはいつ?どこで?

そして、今のご時世、年金は期待できない

減る。らしい。
と、ニュースはあれこれ行きかうが、実際どれだけもらえるのかはわからない。
たまに郵送されてくる年金だよりで、今のところこのくらいはもらえるんだな。となんとなく理解はする。
が、けっきょくのところ、65歳で夫婦どれだけの月額になるかもわからない。

けっきょく、何もかも曖昧

家も、年金も、これからどれだけお金がかかるかも。
だから、不安になる。わけです。

貯金と借金と保険

「貯金、いくらありますか」

なーんて質問も、なかなかできない。
友達はもちろん、弟にも。
だから、わが家の額がいったいどのランクなのか?見当もつきません。

貯金額は「ふつう」

なので、いくらかと聞かれたら、「ふつう」と答えます。笑

ボーナスか月々かはどちらでもいいとして、年にいくらかまとまったお金は一応増えてはいます。

こども名義の口座には、児童手当やお年玉の半額、コロナ時の定額給付金など。
今はやめてしまったが、息子が生まれてから5年ほどは「体重貯金」というものもしていました。

息子は出生時2,804gだったので、2,804円を毎月貯金。年に3万円ほど、5年で15万円。
たった2₋3千円でも、チリも積もれば!たった2₋3千円だから、できる!オススメです。

それらの貯金はどこにあるかって?

えぇ、銀行口座ですよ。

それでいい、と思っていたから。(過去形・・・)

今現在、負債はない

家も購入していないし、車のローンも終わってます。
いまのところ、借金というものは存在していない。

が、車を乗り換えるとなったら、ローンを組むことになるかもしれない。
し、家を買うとなればもちろんローンが始まります。

あと、保険

保険は・・・あれこれ入っています。
生命保険、医療保険、がん保険、学資保険、収入保障保険、なんやら米貨積立の終身保険。

それが、将来の備えだと思っていたから・・・。(また過去形。笑)

5年前に見直して今の保険にいきついたけれど、ここにきてさらに見直すと決めました。

お金がほしい。これって、卑しい?

結婚後、直感のまま興味を学び開業届を出し、個人事業主として毎年確定申告をしていますが、オットの扶養範囲で働いています。

(扶養にこだわっているわけでもない。各控除の考え方も変化しているので、扶養範囲を取っ払って働くほうが、結局は利点が多いのだろうとは思います)

住む土地が変わり、今までのお客様と離れ、50代に向けて働き方を見直していくうえで、お金のことにたどり着きました。稼ぐことと生きることのバランス

お金持ちになりたい。お金が欲しい。

そう思うことは、どこか、ハシタナイ
お金のことを気軽に口にするのは、どこか、イヤシイ

そう思っていた。こどもの頃から、今に至るまで。
でも、そんなことはない。と、今は小声で言えるようになりました。小声で笑

やっぱり、生きていくうえでお金は大事!
お金がないと、我慢も増えるし、しなくていい喧嘩だって増えます。

「お金が欲しい、そう願っていいのよ。ちゃんと願うのよ」
と、アロマを学んだ師匠も常々言っていました。

貯金の持ち方、保険の考え方、これから少しずつ改善していこうと決めました。
そして、投資。投資も少しずつ始めたい。

そんな、素人×一般ピープル(死語)のお金にまつわる話も書いていきます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村
この記事を書いた人

晩婚、晩産、関西人、転勤族、3人暮らし、アラフィフ。

おひるねアートや二級建築士など複数のわらじ活動を経て、今はライフオーガナイズ×アロマテラピーを伝えるしごとをしている。

年齢を重ねるごとにより自由になっていることを実感。
子育てが始まっても子がいなくても、更年期が始まっても終わっても、40代50代60代と変化する女性としての生き方を楽しみたい。

2021年末に松山市から京都市に移り住み、ただいま充電中。

コトンをフォローする
おかねのこと
コトンをフォローする
笑顔爆笑、時々怒号

コメント

タイトルとURLをコピーしました