This is the life,isn’t it?

ひびのこと

NHKの朝ドラ『カムカムエブリバディ』が、もうすぐ終わる。親子3代にわたる100年のファミリーストーリー。

独身の頃は朝ドラなんて観たこともなかったし、興味もなかったのだけど。

というか、関西に住むサラリーマン、朝8時なんてたいてい家にはいない。
1時間かけて出勤なんてザラの世界、朝ドラが始まる時間には家にはいないのだから。

わたしの朝ドラ生活は結婚してから始まった。

カムカムエブリバディが教えてくれること

昨日の15分。ひなた~!そうか~!残念だけど~!と肩を落としたわたしに響いた、ひなたのひとり言。
(ひなたは川栄李奈さんの役。今週は元恋人と再会した揺れ動きが描かれています)

「That’s life…」
「これが人生…」

あぁ…。沁みる…。

10年近くの月日が経ってから思いがけず現れた過去。
これは運命か?と浸りかけた自分に決着をつけ、前に進もうというまなざしに見えた。

人生は、主観で進んでいく

当たり前だけど、自分という人生は自分が歩んでいく。

自分が見たもの、聞いたこと、触ったもの、五感から得られる情報をもとに何かを感じ、感じた思いが意識となり、結果、自分の選んだ道を歩いていく。

他人から聞く噂や世間のニュースよりも、自分の半径内で起こる出来事が大事だ。
けれどわたしたちは、

たとえ目にしたことがほんの一瞬の出来事だったとしても、それが全部だと怒りを覚え、たとえ耳にしたことが全体像のほんのかけらだったとしても、それがすべてだと悲しさに満ちる。

自分が目にし、耳にすることは、ただの一部でしかないのに。
それが真実かどうかだなんて、わからないのに。

自分の五感がキャッチしたあれやこれが意識の中枢を築き上げ、人生をかたちづくっているのだとしたら、なんて滑稽な光景だろう。

でも、人は皆、そうやって人生を歩いていく。
言い換えれば、そうやってでしか、歩いていけない。

右に曲がったり左に折れたり、ちょっと行っては引き返したり、周りで起こっている出来事や、自分が彷徨っている物事に揺れ動きながらも、自分の主観でしか進めないのだ。

他人と話すことで世界が広がったり、他人の助言で自分を取り巻く環境を冷静に見れたとしても、それもまた「自分が聞き、自分が感じたこと」でしかない。

わたしたちは未来永劫、『自分』という枠を取り除くことはできない

自分を客観的に見る

主観で進む人生だからこそ、自分を客観的に見ることは、自分を助けるし、自分を救う。

過去のつらい出来事から目を背け、母親を憎み、考えまいと大人になった、るい。
(あ、急にカムカムエブリバディの話です。深津絵里さんの役)

本心では母を覚えているし、母に会いたいはずなのに。

胸の奥底の思い出したくもない感情でも、下手に隠さず、むやみに煽らず、自分を客観的に見ることができれば、別の側面に気づくことがある。

でも、わたしを含む多くの人は、そう上手にフラットにはなれない。

時が経つということ

それでも言えるのは、時が経ち、家族や仕事に向き合いながらひたすらに毎日を生きていくことで、心の覆いは少しずつ外れていく。いつしかフラットになっていく。

気持ちが平らになることで、本当の感情に気づいたり、自分や相手を許せる気持ちになるのだから、時間というのは不思議な魔法だ。

誰にとっても、時間は必要であり、宝。

「Time is money」「Time will tell」ともいう。

もちろん、自分を客観視できたからといって、万事がうまくいくというわけではない。

ただ、「感情」や「判断」は横に置いて、起きたことを「事実」として受け入れることができれば、気持ちを平らに保ちやすくなる。

ひなたの前に再び文四郎が現れたことも、錠一郎がピアニストの道に進めたことも、るいが回転焼き屋を選んだことも、初めましての老婦人が実は自分の祖母(今はまだかもしれない展開だが)であることも、時が流れているからこそ。どれも「これが人生」。

時間は誰にもやさしく、平等だと改めて感じる。

わたしの人生、いま何章目?

そしてわたしの人生はというと。着実に折り返し地点を通過している。

家族と暮らした幼少・学生時代を1章目とすると、社会人になって2章目、キャリアと年齢の狭間で揺れ動いた30代は3章目。

十何年もいた会社を辞め結婚し始まった松山での暮らしは4章目。いろんな働き方を模索し、こどもを通して、自分を通して、かけがえのない出会いがたくさんあった。

そして京都という場所ではあるが関西という地元に戻ってきた今、わたしの人生は5章目。
過去につながっていた人々との再会、そしてそこから広がる新しい関係性。

もう48歳だけれど、まだ48歳。

わたしの人生、何章まで続くだろう?
これから、どんな出会いがあるだろう?
5年先10年先、何を感じて、誰と何をしているだろう?

自分という枠からは脱することはできないけれど、気持ちを平らに、心もからだもしなやかに、わたしという人生を最大限に楽しみたい。

だって、これが人生。
this is the life,isn’t it?

じっくり挫けずに。
ゆったり怯まずに。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村
この記事を書いた人

晩婚、晩産、関西人、転勤族、3人暮らし、アラフィフ。

おひるねアートや二級建築士など複数のわらじ活動を経て、今はライフオーガナイズ×アロマテラピーを伝えるしごとをしている。

年齢を重ねるごとにより自由になっていることを実感。
子育てが始まっても子がいなくても、更年期が始まっても終わっても、40代50代60代と変化する女性としての生き方を楽しみたい。

2021年末に松山市から京都市に移り住み、ただいま充電中。

コトンをフォローする
ひびのこと
コトンをフォローする
笑顔爆笑、時々怒号

コメント

タイトルとURLをコピーしました