父の墓参り。生存時にはなかなか話せない、仏壇や墓守問題。

ひびのこと

昨日は母のことを書きましたが、今日は父のことを。
父は7年前に他界しました。胆管癌でした。

父が亡くなる前後のこともよく覚えています。
いつか書けたらいいな。

墓石はなく、永大供養のお寺

夏休み以来、半年ぶりの墓参り。

実家と自宅の間に位置する父のお墓。
昨日はオットが在宅ワークに切り替えてくれて、こどもの下校時間に間に合わせる必要がなくなり、帰り道すがらお墓へ。
実家近くのスーパーで買った仏花を持って訪れたわたし。

そこには、あふれんばかりの仏花。

墓標もたくさんあるので、花差しもたくさんある。
それでもどこに活けようか場所を探すほど、花差しは満席。

これだけ花があるということは、それだけ人が訪れるということ

お隣の墓標がどこの誰なのかもわからない永大供養だけれど、
これだけの花に囲まれて、
たくさんの人に手を合わせてもらって、

おとうさん、幸せね☻

海に骨を流してくれだの墓に入りたい人ではなかったけれど、四季を感じる庭を母が気に入ってここに決めた。

「墓を参る」ことで四季を感じ、父との時間を振り返り、そのたびにきっと浄化されていた母だけど、もう父の墓に訪れることはできない。
ちょっとの段差でも、何段も階段を上ることは今の母にはできないから。

だから、これからはわたしが父に手を合わせる。

死後にようやく話し合う、仏壇問題、墓守問題

父は胆管癌だった。
生存率はかなり低かったが、本人は生きる気満々で1年3ヶ月の闘病生活。
最後の2ヶ月は、もう長くないと家族は知っていても、死後の話はできなかった。

死んでから初めて、ぽつりぽつりと話し合った。
お墓をどうするか、仏壇をどうするか。

仏壇を買うか迷っていた母。理由は2つ。

  1. 自分が死んだあと、その仏壇の所在はどうなるのか…
  2. 仏壇は高い。そこにお金をかける余裕があるか…

1.は弟がひと言「そんなん、うちで預かるがな」
弟だけど、長男。
姉であるわたしも長男の嫁、弟の嫁さんも姉妹の長女。
そんな家族の関係性に母は遠慮していた様子だったが、弟は弟で、親のあれこれは自分が受け入れるのが当然だという認識だった。

2.はわたしがひと言「そんなん、わたし出すがな」
転勤族の娘夫婦は海を隔てて遠くに住んでいる。
細かいことはすべて弟に任せている長女、お金くらい出すわ。

そんな娘息子に、母は涙した。

そして仏壇があることで、
母は遺影に話しかけ、花を活け、線香をあげ、阪神タイガースの勝敗を報告し、父と共に暮らした。
息子も甥っ子も「線香をあげる」「じいちゃんに挨拶する」という習慣がついた。
仏壇を買って本当に良かった。

墓を参る、という習慣は受け継がれる

松山在住時代、関西帰省は家族行事だった。
兵庫の実家から大阪のお寺まで、車で30分。電車で1時間。
時間もなかなか都合がつかず、墓参りは申し訳ないがほとんど行ってない…。

それまでも、わたしには墓参りという習慣はなかった。
でも、オットは帰省の際、必ずと言っていいほど墓参りに行く。
(義両親は健在、墓はその親のもの)

墓を参る、ご先祖に挨拶する。
親の習慣が子に受け継がれると結婚してずいぶん経ってから気づいた。

父の墓をどうするか。
墓守問題を話し合ったときのオットの言葉が忘れられない。

墓は守らないかんもんやない。
守りたくなるもんやろ。

いやー、名言すぎるやろ!

通いやすくなったことだし、わたしもこれからは実家の帰りに寄ろう。
ひとりで参る墓は気持ちも浄化されるけれど、たまにはこどもも連れて行こうと思う。

だってさ。
わたしが死んだあとも、たまには彼に思い出してほしいもんね。
親の習慣がこどもの常識となる。
今から築く、死後の私欲ですな。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 その他日記ブログ アラフィフ女性日記へ
にほんブログ村
この記事を書いた人

晩婚、晩産、関西人、転勤族、3人暮らし、アラフィフ。

おひるねアートや二級建築士など複数のわらじ活動を経て、今はライフオーガナイズ×アロマテラピーを伝えるしごとをしている。

年齢を重ねるごとにより自由になっていることを実感。
子育てが始まっても子がいなくても、更年期が始まっても終わっても、40代50代60代と変化する女性としての生き方を楽しみたい。

2021年末に松山市から京都市に移り住み、ただいま充電中。

コトンをフォローする
ひびのこと
コトンをフォローする
笑顔爆笑、時々怒号

コメント

タイトルとURLをコピーしました